スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.08.07 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

フジフィルム NATURA CLASSICA WHITE (ナチュラ クラシカ ホワイト)


概要

2010年に数量限定(3000台)発売された、コンパクトカメラである。

スーパーEBC フジノンレンズf=28mm〜56mm、1:2.8〜5.4を搭載。

±2.0EVの補正幅内で、0.5EVステップ刻みの補正が可能である。

距離合わせは、アクティブオートフォーカス (撮影距離:0.4m〜∞)。

ファインダーは実像式ズームファインダーで、倍率は 0.33倍〜0.58倍である。

NATURA 1600フィルムをセットするだけで、自動的にNP(ナチュラルフォト)
モードに設定され、その場の光を活かした雰囲気のある写真が撮影可能。



主な仕様
  • レンズ : スーパーEBC フジノンレンズf=28mm〜56mm、1:2.8〜5.4(5群6枚)
  • シャッター : 電子式プログラムシャッター
  • シャッタースピード : 2〜1/360秒
  • ファインダー : 倍率 0.33~0.58倍
  • 使用電源 : リチウム電池 CR-2 1個



探してみよう!



↓ ペンシリーズに興味のある方は、姉妹サイトもご覧ください!
ペンFファン

↓ ニコンFM3Aに興味のある方は、姉妹サイトもご覧ください!
FM3Aファン


にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村


カメラ・カテゴリー 一覧









■キヤノン
スナッピー50

■フジフィルム
クラッセS ナチュラ クラシカ ホワイト

■ミノルタ
ウェザーマチックデュアル35

■リコー
GR1S







■コニカ
オートSE2L







■オリンパス
ペン EED

■キヤノン
オートボーイ TELE6







■ニコン
FM3A






↓ ペンシリーズに興味のある方は、姉妹サイトもご覧ください!
ペンFファン

↓ ニコンFM3Aに興味のある方は、姉妹サイトもご覧ください!
FM3Aファン


にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村




ニコン FM3A (エフエム3エー)


概要

2001年に発売された、マニュアルフォーカス一眼レフカメラである。



FM3Aには、「機械式」と「電子式」とで制御するハイブリッドシャッターが搭載。

全シャッタースピードを「電池を必要としない機械式での制御」が可能なために
電池有無に関係なく全速にわたりシャッターが作動。

デザインはニコンのマニュアル一眼レフカメラの伝統的な外観イメージを踏襲。
質感の良い金属製ボディやノスタルジックな外観は、このカメラを所有するよろ
こびを感じさせてくれる。

操作性も良好で、マニュアルフォーカス一眼レフの「完成型」ともいえるカメラ
である。




主な仕様
  • レンズマウント : ニコンFマウント
  • シャッター : 上下走行式 メタルフォーカルプレーンシャッター
  • シャッタースピード : B、1〜1/4000秒
  • ファインダー : 倍率 0.83倍(50mm標準レンズ・∞の時)  視野率 93%
  • 使用電源 : 3V・リチウム電池(CR-1/3Nタイプ) 1個
                       1.55V・銀電池(SR44タイプ) 2個
                       1.5V・アルカリ電池(LR44タイプ) 2個  のいずれか



探してみよう!




↓ ペンシリーズに興味のある方は、姉妹サイトもご覧ください!
ペンFファン

↓ ニコンFM3Aに興味のある方は、姉妹サイトもご覧ください!
FM3Aファン


にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村




フジフィルム KLASSE S (クラッセ S)


概要

2007年に発売された、高品位なコンパクトカメラである。

ボディー外装はアルミ合金を採用し、質感の良いカメラに仕上がっている


搭載されている 「スーパーEBC フジノンレンズ38mmF2.8」 は3群4枚構成。
クリアな発色とシャープネスの高さが特長で、リバーサルフィルムでの撮影にも
適したレンズである。


ボディー前面には、露出補正ダイヤルが設けられている。
±2.0EVの補正幅内で、0.5EVステップ刻みの補正が可能である。

露出制御は、プログラム露出または絞り優先AE。

距離合わせは、パッシブAF方式(撮影距離:0.4m〜∞)、またはマニュアルフォー
カスモードでのピント合わせも可能である。(15点切り替え)


ファインダーの倍率は0.48倍、視野率は85%(∞時)である。
ファインダー内には露出補正、合焦マーク、シャッタースピードなどが表示される。




主な仕様
  • レンズ : スーパーEBC フジノンレンズ 38弌F2.8(3群4枚)
  • シャッター : 電子式プログラムシャッター
  • シャッタースピード : B、1/2〜1/500秒(F2.8時)〜1/1000秒(F16時)
  • ファインダー : 倍率 0.48倍   視野率 85%(∞時)
  • 使用電源 : リチウム電池 CR-2 1個



探してみよう!




↓ ペンシリーズに興味のある方は、姉妹サイトもご覧ください!
ペンFファン

↓ ニコンFM3Aに興味のある方は、姉妹サイトもご覧ください!
FM3Aファン


にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村



リコー GR1S (ジーアール1エス)


概要

1998年に発売、銘玉GRレンズを搭載した高性能コンパクトカメラである。




ボディーはマグネシウム合金を採用し、軽くて堅牢に仕上がっている

ボディーの厚みは26.5mm (グリップ部34mm)と薄く、グリップ感も良い。




銘玉「GRレンズ28mmF2.8」は、マルチコーティングのオールガラス4群7枚構成。

抜けの良いシャープな描写力を誇り、ぼけ具合も良い「味のあるレンズ」である。





ボディー上部には、絞りダイヤルが設けられている。

露出制御はプログラム露出または絞り優先AEで、ISO25 - 3200に対応している。





露出補正ダイヤルも装備され、素早く補正を行うことが可能である。

液晶パネルはバックライト付き、フィルムカウンターや設定モードの表示がされる。

また、タイムモード(長時間露光)使用の際は、露光時間が秒数で表示される。





電源(赤いボタン)は、ボディー背面に配置されている。





ファインダーの倍率は0.43倍、視認性の高いファインダーである。

ファインダー内の表示にはバックライトが付き、暗い場所でも表示確認ができる。





ストロボは、スイッチによりモードの切り替えを行う。





主な仕様
  • レンズ : GRレンズ 28弌F2.8(4群7枚)
  • シャッター : 電子シャッター
  • シャッタースピード : 2秒〜1/500秒  タイムモード(長時間露光)
  • ファインダー : 倍率 0.43倍
  • 使用電源 : リチウム電池 CR-2 3V 1個



探してみよう!



↓ ペンシリーズに興味のある方は、姉妹サイトもご覧ください!
ペンFファン

↓ ニコンFM3Aに興味のある方は、姉妹サイトもご覧ください!
FM3Aファン


にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ



ミノルタ WEATHERMATIC DUAL35 (ウェザーマチックデュアル35)


概要

1987年に発売、全天候防水カメラである。



目立つ黄色いボディーに、ロボットの様な顔立ちが特徴的。





水深5mまでの防水性能を持ち、水にもプカプカと浮くことが出来る。





防水カメラのため、裏蓋にはモルトではなくゴムパッキンが使用されている。





レンズは35mmと50mmの2焦点で、モーター駆動によるワンタッチ切替。





レンズの切替ボタンは、シャッターボタンの横にあり水中でも操作性は良い。





ファインダーの倍率は35mmで0.40倍、50mmで0.56倍。(切替に連動し倍率も自動切替)





ファインダーの横には水中クローズアップ用のボタンが配置されている。
水中クローズアップ撮影距離は、35mmで0.52〜1.3m、50mmで0.62〜1.0m。

陸上では、0.75m以下でオートクローズアップが作動。(固定焦点になる)

ピント合わせは、陸上ではオートフォーカス、水中では固定焦点。
オートフォーカスと固定焦点は自動で切り替わる。

ストロボは低輝度、オートクローズアップ及び水中クローズアップ時に自動発光。
発光禁止には出来ない。





主な仕様
  • レンズ : 35弌F3.5(4群4枚) / 50弌F5.6(6群6枚)
  • シャッター : 電子制御プログラム式・レンズシャッター
  • シャッタースピード : 1/40秒〜1/150秒
  • ファインダー : 倍率 35个0.40倍、 50个0.56倍
  • 使用電源 : 6Vパックリチウムイオン電池1個 または 単4アルカリ乾電池×4本



探してみよう!



↓ ペンシリーズに興味のある方は、姉妹サイトもご覧ください!
ペンFファン

↓ ニコンFM3Aに興味のある方は、姉妹サイトもご覧ください!
FM3Aファン


にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村




コニカ Auto S2EL (オート S2EL)


概要

1966年に発売、35丱侫ルム使用のレンジファインダー・カメラ。



質感のよい金属カメラである。



直線的なボディに、大口径のヘキサノンレンズを搭載している。
(ヘキサノン45mmF1.8)



絞り環をAUTOに合わせるとシャッター速度優先AEが作動する。
(1秒・F1.8 〜1/500秒・F16  ASA100の場合)



絞り環をAUTO以外にすると、マニュアル撮影も可能。
(絞りは 1.8 2.8 4 5.6 8 11 16 に設定できる)
(シャッタースピードは B 1〜1/500に設定できる)
軍艦部には、露出調節用のメーターが配置されている。



ファインダーの倍率は0.65倍、こちらにも露出調節用のメーターが配置されている。

パララックスおよび画角自動修正補正機構により、各距離においてファインダー視野と
撮影画面との関係は常に一定である。




底部には電池室(cdsメーター用)、電源チェックボタン(上部メーターで確認)がある。 

本来は1.3Vの水銀電池を使用するが、現在では入手できないため以下の商品を
使うとよいでしょう。

≪関東カメラサービス≫ 水銀電池アダプター MR-9 電圧変換型
SR43電池を水銀電池MR-9の外観形状に変換、SR43の電圧1.55Vを約1.35Vに
変換してくれるアダプター。



主な仕様
  • レンズ : コニカ ヘキサノン45mmF1.8 (4群6枚構成)
  • シャッター : コパルSVA自動シャッター
  • シャッタースピード : 1〜1/500秒 B
  • ファインダー : 倍率0.65倍
  • 使用電源 : 1.3V水銀電池



探してみよう!



↓ ペンシリーズに興味のある方は、姉妹サイトもご覧ください!
ペンFファン

↓ ニコンFM3Aに興味のある方は、姉妹サイトもご覧ください!
FM3Aファン


にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村





キヤノン Autoboy TELE6 (オートボーイ テレ6)


概要

1988年に発売、35丱侫ルム使用のコンパクトカメラ。

なかなか面白い機能を有した、変わり者カメラである。




このカメラは35丱侫ルムのフルサイズ撮影の他に、ハーフサイズ撮影もできる。

↓ 下の写真の黄色いスイッチでフルとハーフが切り替わる仕組み。
  撮影途中での切り替えはできない。




撮影時以外、レンズは本体の中に隠れている。 

シャッターを押すとレンズが飛び出し、すぐに引っ込む変わった構造。

レンズの飛び出しアクションは面白いが、ガシャっという動作音が大きいのが難点。



搭載レンズは、CANON LENS 35mm F3.5(広角)と60mm F5.6(望遠)。

広角と望遠の切り替えは、背面のスライドスイッチで行う。

ファインダーは倍率0.42倍〜0.63倍、画面サイズ(フル・ハーフ)や焦点切り換えに
連動して視野倍率と視野の大きさが変化する。
産中止となった水銀電池の代

背面には、フィルム装てん日の確認や成長記録モードのボタンが配置。

成長記録モードとは、設定したスタート日をもとに成長に応じた経過時間を写真に
写し込めるという、日付写し込みの類である。
(例 1年2ヶ月ならば→ 1y2m と写真に写し込む)



バルブボタンもあり、最長4秒のバルブ撮影も可能である。






主な仕様
  • レンズ : CANON LENS  35mm F3.5(3群3枚) / 60mm F5.6(6群6枚)
  • シャッター : 絞り兼用・電子制御プログラム式
  • シャッタースピード : 1/60〜1/350秒
  • ファインダー : 倍率0.42倍〜0.63倍
  • 使用電源 : 6V・リチウム電池 2CR5型1個



探してみよう!



↓ ペンシリーズに興味のある方は、姉妹サイトもご覧ください!
ペンFファン

↓ ニコンFM3Aに興味のある方は、姉妹サイトもご覧ください!
FM3Aファン


にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村




 


オリンパス PEN EED (ペン EED)


概要

1967年に発売、35丱侫ルム使用のハーフサイズカメラ。

ペンEEシリーズの高級モデルである。

直線的なスマートデザインのボディに、明るい大口径レンズを搭載している。
(Fズイコー32mmF1.7)



ピント合わせは目測式、レンズの距離環で設定する。(0.8m〜∞)

絞り環をAUTOに合わせるとプログラムシャッターが作動する。
(1/15秒・F1.7 〜1/500秒・F16 )

絞り環をAUTO以外にすると、シャッタースピードは1/15秒に固定される。
(絞りは 1.7 2.8 4 5.6 8 11 16 22 に設定できる)



シャッターボタンは長方形、レリーズケーブル用のねじ穴付き。
産中止となった水銀電池の代

フィルム巻き上げは、ボディ背面の巻き上げノブを回す方式。

ファインダーの倍率は0.7倍、露出不足時には赤いマークが出る仕組みになっている。

またパララックス補正マークも付いている。(焦点距離0.8m時に使用)



底部には電池室(EE用)がある。 

本来は1.3Vの水銀電池を使用するが、現在では入手できないため以下の商品を
使うとよいでしょう。


≪関東カメラサービス≫ 水銀電池アダプター MR-9 電圧変換型
SR43電池を水銀電池MR-9の外観形状に変換、SR43の電圧1.55Vを約1.35Vに
変換してくれるアダプター。




主な仕様
  • レンズ : オリンパス Fズイコー32mmF1.7 (4群6枚構成)
  • シャッター : 絞り兼用・プログラム式
  • シャッタースピード : 1/15〜1/500秒
  • ファインダー : 倍率0.7倍
  • 使用電源 : 1.3V水銀電池



探してみよう!



↓ ペンシリーズに興味のある方は、姉妹サイトもご覧ください!
ペンFファン

↓ ニコンFM3Aに興味のある方は、姉妹サイトもご覧ください!
FM3Aファン


にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村






キヤノン SNAPPY50 (スナッピィ50)


概要

1982年に発売、35丱侫ルム使用のレンズシャッター式オートフォーカス全自動カメラ。

未来的なデザインとプラスチックボディ、オートフォーカスや全自動と如何にも
80年代のカメラといった感じである。

全自動とは言え、ストロボは手動スイッチで作動、フィルム感度はISO100と400を
スライドスイッチで選択しなければならない。



横長ボディが特徴的で、変わったデザインである。



レンズは35mm F3.5、保護用のクイックレンズカバー付きである。

(上の写真 レンズ横のスイッチを上にあげると、レンズカバーが閉まる。)



ファインダーは、背面の左端に設けられている。(ファインダーの倍率 0.45倍)



ボディ底部の突起を引くと、裏ぶたが開くユニークな構造。





主な仕様
  • レンズ : CANON LENS 35mm F3.5 (4群4枚構成)
  • シャッター : 絞り兼用・電子制御プログラム式
  • シャッタースピード : 1/20〜1/500秒
  • ファインダー : 倍率0.45倍
  • 使用電源 : 1.5V単3型電池2本



探してみよう!



↓ ペンシリーズに興味のある方は、姉妹サイトもご覧ください!
ペンFファン

↓ ニコンFM3Aに興味のある方は、姉妹サイトもご覧ください!
FM3Aファン


にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村






1

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

インデックス

↓メンテナンス道具のご紹介

オークションで掘り出し物を!

当ブログの姉妹サイト

ハーフサイズ一眼レフ「オリンパス・ペンF」の魅力をご紹介します 「ペンFファン」
ニコンのマニュアル一眼レフカメラ「FM3A」の魅力をご紹介します FM3Aファン

↓カメラ・レンズのブログはこちらから

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM